地方で生まれ育った人が、都心で勤務経験を積み、再度地元に戻って働くことを「Uターン転職」と言います。なかでも住宅業界の人がUターン転職を選択する傾向が強いようです。それは一体何故でしょうか。

転職希望者が多い時代ですから、それに関するサービスが急成長しています。住宅業界に関連する転職支援サービスや人材紹介サービスの活用により、より良い職場選びが可能になります。

地元の住宅業界にUターン転職することは、地元貢献にも繋がります。地元に人が増えるという単純な理由だけでなく、自然災害発生時の住宅建設に一役買うなどやりがいも十分です。

Iターン転職は、地元以外の地方で就職すること。都会暮らしから離れたい思いで希望する人が多いですが、地方の求人は少ないため転職先を見つけることが成功のカギと言えそうです。

東日本大震災による被害は甚大で、当時は住宅業界の知識と腕をふるう場すらありませんでした。今、被災地は復興の兆しを見せています。今こそ被災地の住宅業界に転職しましょう。

住宅業界に求められる人物像とUターン・Iターン転職で求められる人物像を兼ね備えた人は、転職の際に有利に働くことでしょう。積極的で前向きな人はどの業界でも求められています。

登録フォームはこちら