住宅業界の転職者がUターン転職を選ぶ理由

Uターン転職とはどんな転職?

地方で生まれ育った人が、都心で勤務経験を積み、再度地元に戻って働くことを「Uターン転職」と言います。もし住宅業界の転職者がUターン転職を選んだ場合、最先端の技術や知識を学んだ人が、その経験を地元に戻って生かすことができるようになります。

Uターン転職と似た言葉にIターン転職という言葉がありますが、これは生まれた地域で勤務した後、別の場所に移住して働くことを指すことを言います。今回は、住宅業界の転職者が、Uターン転職を考える理由や社会的な背景について考えてみましょう。

Uターン転職をする人の理由

Uターン転職をする人の理由 Uターン転職を選ぶ人は、どんな理由から転職を考えているのでしょうか?
転職者は、以下のような理由を挙げています。

《Uターン転職者の転職理由》

・親や家族の老後の面倒を見たい
・実家を相続したい
・マイホームを建てたいから
・ライフスタイルを変えたい
・子どもの教育や住環境を重視した生活を送るため
・アレルギーや公害などを避けるため

Uターン転職を考える人は、転職理由として代表的な理由である「給料アップ」や「待遇改善」といった理由以外に、長期的なライフプランを見据えて計画を立てる人が多いのです。

社会的な背景とは

社会的な背景とは このような個人的な理由以外に、社会的にもUターン転職を後押しする環境が整っていくことが予想されます。現在、政府が掲げる地方創生によって、東京への一極集中の緩和、地方での就業機会の創出が進められています。また、政府の関係機関が地方移転を検討する動きも出ています。もし、政府機関の移転が進めば、当然企業の地方移転も進むでしょう。

しかし、企業が移転をする場合、当然移転先での人材確保が必要になります。
つまり、企業にとっても経験豊富な人材をいかに確保するかということが課題になるということです。

どんなことに注意すべき?

どんなことに注意すべき? 住宅業界におけるUターン転職のきっかけをつくるためには、求人情報の収集がカギとなります。十数年前と比べると、インターネットを使って、遠隔地の求人も豊富に入手できるようになりました。そうはいっても、実際に近くに住んでいる場合と比べると、入手可能な情報には限りがあることも事実です。だからこそ、本格的に転職を始める前に、まずは情報収集を進めることが必要になります。

また、実際に転職活動が始まってからは、面接の時間をつくることが一番の課題です。通常、1社につき、2回から3回に分けて面接を行う企業が多いので、在職中の場合は、仕事の合間をぬって、面接の時間を確保しなければいけません。
そうなるとUターン転職では、時間と費用を確保することが不可欠です。面接をうけるための交通費・往復にかかる時間を最小限に抑えるためには、複数の面接を同時に進められるようにするなど、効率的な転職活動を進める必要もあります。

また、地方にUターン転職を希望する場合、求人数が少ないことも頭に入れておくべきです。もし、興味のある求人を見つけたら、積極的に応募を検討してください。より良い求人と出会うためには、求人数を多く見ることも大事ですが、タイミングも重要です。それがUターン転職であればなおさら、好機を逃さない姿勢が求められるということです。

登録フォームはこちら