住宅業界でのUターン・Iターン転職で有利な人物像

住宅業界に求められる人物像

住宅業界は生活の基盤を作る業界であり、土木、建築、不動産、街作りなどを総括して住宅業界と呼ばれています。

住宅業界に求められる人物像

まず、建築や建設、土木業界で求められている人物像として挙げられるのが経験と資格です。
都心からUターンあるいはIターン転職する人は社会人経験がある人ですから、同じ職種に転職するなら普通に考えて有利ですよね。
まだ若いうちの転職にはスキルはそこまで求められませんが、一定以上の年齢になると技術力や管理能力なども問われます。
また、これらの業種には資格がなければできない仕事も多いため、資格は取っておいて損はありません。
建築や建設、土木関係の仕事には一見地味に見えるような作業が大変重要であるケースも多く、細部まで手を抜かない丁寧さと最後までやり抜く粘り強さも求められています。

住宅業界に求められる人物像

不動産業界や街作りの仕事では、営業で外回りをする人と、内部で事業企画を考えたり経営方針を定めたりする人の2種類のタイプがいます。
営業職にコミュニケーション能力が必要なのはどの業界も変わらないでしょう。
事業企画などの部署は新しいアイデアを生み出せる人、経営に関しては金融の知識がある人が求められています。
同じ住宅業界でもこちらは前職の職種を問われないケースが多いようです。

Uターン・Iターン転職で求められる人物像

Uターン・Iターン転職で求められる人物像

Uターン・Iターン転職をしたいと考えている人は、田舎の魅力に魅了されて都会から離れたいと願っている人が多くいます。
しかし、地方には地方なりの苦労もあることは事実です。
まず、地方に行くと地域のつながりが強いことが多いため、見ず知らずの人が営業をしても成績に繋がりにくいという点が挙げられます。
Uターン・Iターン転職で営業職を採用するなら、ローカルコミュニティーに物怖じせずに上手くコミュニケーションが取れる人が理想的な人物像でしょうね。
また、地方は就職口が多くないという欠点がありますが、建築・土木関係に関してはむしろ人が足りないような状態の地域もあります。
そのような地域では少ない人数で任務を遂行しなければならず、都心では分担できていた仕事を一人で行わなければならない場合もあるでしょう。
Uターン・Iターンで建築・土木関係への転職を考えている人は、より多くのスキルを磨き、アピールポイントを増やしておくと有利になりますよ。


Uターン・Iターン転職で求められる人物像

Uターン・Iターン転職によって給料が少なくなったり交通の便が悪くなったりと不都合が多くなる人がいるのも事実です。
それよりも地方の良さに気づいて、積極的に、前向きに働きたいという意志が感じられる人材は、企業が求める人物像といえるのではないでしょうか。

登録フォームはこちら