面接のポイント

スキルアップのために転職を考えている方は多く、Uターン転職を検討する方も増えてきました。転職をする際には、面談や面接は欠かせません。

面接は、自己PRや志望動機の内容も大切ですが、どう話すかも重要なポイントになります。いざ面談や面接をするとなった場合、経験者からアドバイスをもらい、ポイントを抑えておくのもいいでしょう。こちらでは、面接を成功させるためのポイントを紹介します。

声で好感度をあげる

ボソボソと小さな声で話すと、説得力もなく、あまり良い印象を残せません。ハキハキとした聞き取りやすい声で話す事で、自己PRで好印象を与える事もできます。また抑揚をつけるのもいいでしょう。

強調したいポイントで声を大きくしたり、手の動きを加えたり、声のトーンを意識したりする事で、より力強い印象を与えられます。声で好感度をあげるために、話し方や伝え方の訓練をしておく事も大切です。

姿勢や表情を意識する

姿勢を正す事で、自信を持って話す事ができます。下を向いていたり、背中が曲がっていたりすると、発声も悪く、声がこもり、どうしても自信がなさそうな印象を残してしまいます。自分の頭が糸で上に引っ張られているイメージを持つと、背筋を綺麗に伸ばす事ができます。

また、笑顔で話すと場の空気も柔らかくなり、親近感を与える事ができます。笑顔を意識すると、硬い表情では伝わりにくい回答も、伝わりやすくなります。

話の中に間を置く

話をする際、一呼吸置く事で気持ちが落ち着き、リラックスして話す事ができます。また、重要なポイントの前で間を置けば、相手はこれから重要な事を話すと考えてより注意深く話を聞いてくれます。

ポイントとしては一文ごとに間を置き、「。」で区切る際に一呼吸置くイメージを持つといいでしょう。しかし、あまりにも間を置きすぎるくどくなってしまうので注意が必要です。

当社は住宅業界特化の転職支援に力を入れており、全国各地の工務店様とのパイプを多く持っているのが特徴です。工務店やリフォーム会社への転職をお考えの方は、ぜひ当社をご利用下さい。

入社してからも、住宅業界の情報交換など継続的な支援も行っています。工務店やリフォーム業界への転職サイトや転職サポート会社をお探しなら、お気軽にご相談下さい。