職務経歴書を書く際のポイント

建設・建築業界だけに限った事ではなく、転職をする際に必要になるのが職務経歴書です。こちらではそんな職務経歴書のポイントを紹介します。熱意を伝えられる職務経歴書を作成し、工務店やリフォーム会社など、自分が希望としている職種への転職を成功させましょう。

職務経歴書で見られている事

会社によって注目している点は異なりますが、一般的には仕事への意欲や必要な能力を持っているか、転職理由は適切かなどが見られています。

また、発揮できる自分の強みを自覚しているか、プレゼン能力は備わっているかといった部分なども見られますから、転職する職種の情報を集め、必要なポイントを押さえたうえで作成するようにしましょう。

職務経歴書を作成するポイント

○ 見やすく、分かりやすく作成する

職務経歴書の基本は見やすく、分かりやすく作成する事です。箇条書きで「業務内容」「実績・成果」「得たスキル」といった必要事項をまとめ、A4サイズの用紙2~3枚くらいにまとめるようにしましょう。会社の概要や業務内容などは、誰が見ても理解できるようにすると親切です。

また、実績や成果をあげるまでのプロセスがあると分かりやすいです。見出しやレイアウトを工夫し、自分だけではなく、相手にとっても読みやすいかを意識して作成しましょう。

○ 自己PRで売り込む

工務店やリフォーム会社など、希望としている職種へ転職するためには自己PRが必要不可欠です。これまで培ってきた経験や実績をどう活かせるのか、応募先企業のどこに魅力を感じたのかなど、具体的に記すようにしましょう。転職への意欲をアピールし、熱意が伝わる文章にまとめる事が大切です。

当社では建設・建築業界に転職を検討している方のサポートを行っています。地元の工務店やリフォーム会社への転職をご希望なら、業界情報に詳しい当社にご相談下さい。北海道から沖縄まで全国対応しており、面接から採用までバックアップいたします。

また、当社では企業向けの人材紹介サービスも行っています。即戦力になる経験者が欲しいなど、ご要望があればサイトからお気軽にお問い合わせ下さい。