営業マンに向いている人とは

営業職は会社の顔でもあり、企業の成長にも大きな影響を及ぼします。簡単ではありませんが、それゆえにやりがいのある仕事でもあります。そんな営業職に向いている人の特徴をご紹介します。

コミュニケーションスキル

営業にとって最も重要なスキルといっても過言ではないのがコミュニケーションスキルです。お客様と直接言葉を交わす仕事ですので、第一に人と話しをするのが好きである事が大切です。

営業というと自分から積極的に話さなければならないというイメージがあります。もちろん、そういった「話し上手」な人も営業職に向いているといえますが、お客様が気持ちよく話す事ができる「聞き上手」なタイプも営業職に向いている人であるといえます。

常識・マナー

お客様相手に仕事をしているわけですので、常識の無い行動をとったり、不快な思いをさせてしまったりといった事があってはなりません。一度与えてしまった不快感は簡単に払拭できるものではないので、営業の言動には注意が必要です。

営業は企業の顔ですので、常識・マナーがしっかりしている必要があります。しかし、マナーに自信が無くても素直な気持ちで相手に接する事ができれば、自然とお客様に不快感を与えるような言動をとる事はないはずです。

好奇心旺盛か

営業という仕事はたくさんのお客様を抱える事になり、さらにお客様一人ひとりが求めているニーズは異なります。ニーズに応えるためには、幅広い知識や興味が必要になります。好奇心が旺盛な人というのは、普段から社会の動きに敏感に反応したり、勉強したりといった事を自然とできるものです。そのため、好奇心旺盛な人は営業に向いているといえます。

当社は建設業界への人材紹介を行っており、工務店の経営者500名、住宅業界の人材には5000名と会ってきました。書類通過率は90%、内定率は70%と高い実績もあります。多くの人材紹介サービスをしてきた経験と実績から、企業と人材のマッチングを図ります。建築業界への就職・転職をお考えの方は、ぜひ当社の人材紹介サービスをご利用下さい。

また、建設関係の経験者採用を求めている企業様もご利用いただけます。即戦力になるような経験者が欲しい場合には、スカウトをするのもありですが、上手くいくとは限りません。そういう時こそ人材紹介サービスの利用をご検討下さい。