未来に繋げるための円満退職

今勤めている会社を退職しようと検討されている方、リフォーム会社転職をお考えの方はいらっしゃいませんか。退職をする際に揉めそう、どうせ退職するからどうでもいいという声も多々ありますが、決してそんな事はありません。円満退職をする事で、人生のスタートをスムーズに気持ち良く行える事はもちろん、キャリアアップに繋げる事ができます。

円満退職が重要な理由

円満退職が重要なのは、転職先の人事担当が前社に問い合わせるケースや、同業種に就職した場合、前同僚との関わりを持つ可能性があるからです。同じ業界での噂は思っているよりも広がりやすいものです。会社や上司の悪口や陰口を言ってしまった場合、その後のキャリアにキズがつく恐れもあります。どんな原因があるにせよ、会社を辞める際には円満退職がおすすめです。

引き継ぎはしっかりと

退職する際には、周りの上司や同僚、部下、取引先など、多くの人に迷惑をかけてしまう事を頭において行動する事が大切です。会社の規約をしっかりと確認して、上司には早めに退職申請をする事や、理由を明確に報告する事がベストでしょう。

最低でも1ヶ月前には退職の意思を報告するのが社会人としてのマナーです。引き継ぎをしっかりと行う事で、多くの人たちに好印象を与える事や、同業者との人脈を手に入れる事ができます。

退職願・退職届・辞表の違い

読んで字のごとく、「退職願」は退職を願い出る書類の事で、「退職届」は退職を届け出る書類の事を指します。退職の意思を撤回できるのは退職願だけで、退職届は退職を撤回する事ができません。一般的には退職願を書いた後に退職届を出す事が正しいですが、上司に退職の相談をして認めてもらった上であれば、退職届のみの提出でもOKです。

「辞表」は、退職願及び退職届に相当しますが、取締役などの会社運営に関わる重役や公務員が提出するものです。退職の際にトラブルに見舞われないためにも、意味を履き違えないように注意しましょう。

キャリアアップのために円満退職をするべきですが、転職時には希望の業界に特化したサポート会社を選ぶ事も重要ポイントです。

当社では、リフォーム会社や工務店など、住宅業界を中心とした人材紹介サービスに力を入れています。日本全国のリフォーム会社や住宅業界の人材5000名・工務店の経営者500名と会い、書類通過率90%・内定率70%の実績に誇りを持っております。海外勤務や社長との直接面接をご希望の方にもおすすめとなっておりますので、住宅業界に特化した人材情報転職サイトをお探しの方は、ぜひ当社をご活用下さい。

また、リフォーム業界や工務店業界で、営業・設計・コーディネーター・工務を求めている方へのサポートにも尽力しておりますので、即戦力となる経験者を欲している経営者様も気軽にお問い合わせ下さい。