採用ミスマッチはなぜ起こる?

営業マンや経験者など、即戦力となる人材を求めて新人を採用したものの、すぐに辞めてしまうとお困りの企業様も少なくありません。このような採用ミスマッチはなぜ起こってしまうのでしょうか。

採用情報の提供不足

企業側は自社の良い所をPRしたいと考えるのが当然です。しかし、企業側が求める仕事や役割をこなす能力があっても、ルールや社風に合った人材でなければ、ミスマッチが起こる可能性は高くなります。そのため、入社後に企業のマイナス面を目の当たりした新人は、こんな事は知らなかった、聞いていないという不安が表れます。

事前に企業の現状をしっかりと説明し、今後変えていきたいので一緒に頑張ってほしいなど、伝え方次第でPRに繋げる事も可能です。ルールや社風を面接時に明確にする事、それをリクルーターにしっかりと伝える事は、採用担当者の役目といえます。

採用方針の統一性がない

採用方針が社内で割れていたり、社長の独断意見であったりなど、企業側の採用方針が一貫していないケースも多く見られます。面接時に自分に求められる役割をリクルーターが理解していても、いざ現場に出てそのスキルが発揮できなければ、当然ミスマッチは起こります。

これを防ぐためには、社内でのすり合わせを確実に行い、採用方針を固め、一貫性のある採用方針を作りあげる必要があります。統一された採用方針は、両者にとって働きやすい環境を生み出す事にも繋がります。

最初のコンタクトが大切

新入社員の中には不安や孤独がつきまとい、その変化にすぐに対応できないという場合もあります。また前社と比較して、仕事に不満を持ってしまう事も起こり得るのです。また、転職しても明確なキャリアビジョンが見えていない社員も少なくありません。

新人が入社した際は3~6ヶ月などの一定期間は担当がつき、仕事面プラス心のケアに対するサポートが必要です。相談に乗ってくれる人が社内にいると分かれば心強く、企業や仲間に対する信頼心も芽生えてくるでしょう。最初のコンタクトを重視し、しっかりとフォローする事は、企業にとって有益に働くといえます。

即戦力となる優秀な人材をスカウトしたい、採用してもすぐに辞めてしまう現状を減らしたいのであれば、建設・建築業界に特化した人材紹介支援サービスを提供するプロにお任せ下さい。当社では、住宅業界の人材の中から、貴社のニーズに適した人材紹介を行っております。

書類通過率は90%、内定率は70%と高い実績を誇り、日本の住宅を世界へ広めたいという住宅業界様への支援にも力を入れています。建設・建築業界に特化した情報サイトをお探しの方は、ぜひ当社をご利用下さい。